スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう疲れたの?

朝日は田中落選を県民の改革「疲れ」と評した。田中康夫が大半の県議・首長と対立し続けたから、それに県民はうんざりし「調整型」を選んだという。朝日の世論調査では6割が「協調性」を重視したという結果から考えたようである。
質問が「知事に求められる資質」であったというから、「決断力」を上回ることははじめから分かりきっていたというべきだ。そのうえで対立に辟易とした県民の改革疲れを田中落選の主因にするのはあまりの飛躍だ。というよりも分析が甘く表面的すぎる。
改革疲れというよりも、改革倦厭ム-ドが広がった。その主役は田中知事の生みの親と言われたあの茅野實の謀反と改革反対派の県議会守旧派である。特に反田中の急先鋒に転じた茅野實の果たした改革反対の田中下ろし攻撃はその影響が絶大であった。
その意味や真相はほとんど無視されいる。唯一近刊の「心の壁を壊す信州革命」が信州の恥といえる元有志の変節を鋭く描いて見事である。
スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://soulofjournalism.blog59.fc2.com/tb.php/28-4d3883b2

コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。