スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

版元無視![2]

直販の委託で、納品・回収は当社負担である。書店にはカケラのリスクもない。
どう売るか、そのために平台か棚かは店の権限であるから不問にするとしても、
この態度に熱意は感じがたい。
これを書籍におきかえても事態はそうは変わらない。
それどころか「売れますか」と実に冷ややかだ。
じかに確認できる地方の直販にしてこれだから、取次の大小を問わず
全国販売の実情は推して知るべしだ。

全国の書店に並ぶとうたう中央の自費出版では以前、気付いた作者の
「話が違う」というクレームが続出した。
これには、版元の誇大コピーと配本実態の非公開という問題のほかに、
前述したような書店側の姿勢・売り方も災いしていたにちがいない。
が、これを書店側にたってみれば、大手版元・取次の配本を最優先せざるをえない事情にもよろう。
こういうトライアングルの悪循環がさらに延々とつづくかのごとき様相に
出版環境はおおわれている。
これを断つには、既成・従来型の破壊しかあるまい。挑戦の模索が始まった。

スポンサーサイト

この記事のトラックバックURL

http://soulofjournalism.blog59.fc2.com/tb.php/19-c3beb997

コメント

コメントする

管理者にだけ表示を許可する

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。