スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真の勝者は守旧派

田中康夫が敗れた。予想外であった。当選直後の村井氏にもやや意外といった観の表情が見られた。憔悴と落胆した田中康夫には落選がにわかには信じがたいという面持ちがあった。
選挙戦は厳しいと見られたが、対立候補が村井氏に一本化される前の世論調査では田中康夫の支持率はやや上向いていたし、県民の関心も9割と高かった。それが前回をかなり下回る投票率になり、下がった分は田中康夫を支持した無党派の棄権という結果になった。これが敗北の直接の原因だろう。
逆に旧来型の組織選挙を展開した村井派が有利になった。投票率が前回並みであれば、おそらく田中康夫が当選したであろう。あるいは足を運ばなかった無党派の中には、またぞろの旧来型組織選挙と旧来型政治家の村井氏を見て田中康夫は当選するとやや安心してしまったのかもしれない。結果にほぞをかんでも後の祭だ。
しかし、村井氏の当選は村井氏の勝利とは言いがたい。彼を担ぎ出し支持した主役は守旧派と謀反人の元有志・茅野實氏、県内屈指の経済人で選対責任者となった安川氏ら財界であった。県職員の90%、県会議員の80%、市町村長の80以上が反田中だった。さらに県職労の加盟する連合、政党では自民党と公明党が反田中を先導した。まさに翼賛的反田中体制の勝利であった。守旧派は政界を引退していた村井氏をわざわざ直前に候補に押し立て、一本化調整という古い密室的なやり方までして立候補していた若林氏を下ろした。
引退を覆し老齢にもかかわらず出馬した村井氏は、市町村をサポ-トする県政という主張以外は理念も政策も何もなかった。県知事に立候補しながら「信州は消えてもいい」とまで言いきった人である。途中で公約を出したぐらいで県政には無知に近い認識しかなかったといっていい。ただ田中下ろしのために担ぎ出されたとしか見えない。
それが当選してしまった。守旧派の勝利という以外の評価はない。あろうことか田中康夫は闘って来たその敵に負けた。改革は挫折した。後戻りを心配する声があがるが、時すでに遅い。6年前の大政翼賛体制の復活は目前となった。ああ、信州の選択は見事なり!
スポンサーサイト

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。