スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

版元無視![2]

直販の委託で、納品・回収は当社負担である。書店にはカケラのリスクもない。
どう売るか、そのために平台か棚かは店の権限であるから不問にするとしても、
この態度に熱意は感じがたい。
これを書籍におきかえても事態はそうは変わらない。
それどころか「売れますか」と実に冷ややかだ。
じかに確認できる地方の直販にしてこれだから、取次の大小を問わず
全国販売の実情は推して知るべしだ。

全国の書店に並ぶとうたう中央の自費出版では以前、気付いた作者の
「話が違う」というクレームが続出した。
これには、版元の誇大コピーと配本実態の非公開という問題のほかに、
前述したような書店側の姿勢・売り方も災いしていたにちがいない。
が、これを書店側にたってみれば、大手版元・取次の配本を最優先せざるをえない事情にもよろう。
こういうトライアングルの悪循環がさらに延々とつづくかのごとき様相に
出版環境はおおわれている。
これを断つには、既成・従来型の破壊しかあるまい。挑戦の模索が始まった。

スポンサーサイト

版元無視![1]

たまたま、ある大手チェーンの書店に寄った。
販売後1カ月の雑誌を見たら、平台にも棚にも一冊として無い。完売?まさか!
今まで良くても60%だから、奇異におもって店員に尋ねた。
完売どころか売場の奥にある在庫置場にしまってあった。

理由は表紙にある見出しの一語「入園準備」が終わったからと言う。
4、5月が企画のメインなので抗議した。
よもや見分に来るとはおもわなかったであろうその店員は、
「またおきます」と言いながら持ってきた。

どうやら2週間ほどでひきあげたようだ。本部とそんな期間では取引していない。
もちろん店からは何の相談も連絡もなかった。これでは版元はたまらない!
もちろんこんな店はわずかだが、これに近い不愉快な事例はいくらでもある

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。