スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全国販売の虚実[2]

 こんな環境下にある取次の取引条件はまことに厳しく高い。
地方のほとんどは仕方なく小さな取次を選ぶしかない。
それでも全国へ供給できればよいが、主は注文なのでそうはいかない。
あげくには大手2社経由でそのマージンまで獲られる。
 このスキームを破るのは容易でない。従来型の方法では 不可能にちかい。
企画はむろん、自費出版もしかり。
割り切って地域と可能な範囲の全国にするしかあるまい。
 壊すのはネットだ。
スポンサーサイト

全国販売の虚実[1]

 企画の出版が困難なこともさることながら、
その本の全国への流通もまた厄介至極である。
地方発にとっては嶮峻なアルプスを越えるがごとき挑戦になる。
 大手取次2社と取引ができれば、そこそこは全国販売の格好はつく。
ただしそれも、取次の評価と判断しだいだ。
 もちろんどれだけ売れそうかである。
それによってどこまで全国に配本できるかが決まる。
といっても、最終的には売手の書店が販売の帰趨を握る。
ときに、配本で送った梱包のまま版元に返本された、
という今も後を絶たない話がそれをよく示している。 
 そういう書店は大型店ラッシュで沸く。
チェーン店を全国の都市部にはりめぐらす大手が市場を制覇しつつある。なかには
本の専門店ではないアメリカ流複合販売もある。それらの大型店に取次大手がどんどんながす。
 これをさばくのに書店は汗だくだくである。
大半は大手版元の売らんがための新刊ラッシュゆえだ。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。