スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

版元無視![2]

直販の委託で、納品・回収は当社負担である。書店にはカケラのリスクもない。
どう売るか、そのために平台か棚かは店の権限であるから不問にするとしても、
この態度に熱意は感じがたい。
これを書籍におきかえても事態はそうは変わらない。
それどころか「売れますか」と実に冷ややかだ。
じかに確認できる地方の直販にしてこれだから、取次の大小を問わず
全国販売の実情は推して知るべしだ。

全国の書店に並ぶとうたう中央の自費出版では以前、気付いた作者の
「話が違う」というクレームが続出した。
これには、版元の誇大コピーと配本実態の非公開という問題のほかに、
前述したような書店側の姿勢・売り方も災いしていたにちがいない。
が、これを書店側にたってみれば、大手版元・取次の配本を最優先せざるをえない事情にもよろう。
こういうトライアングルの悪循環がさらに延々とつづくかのごとき様相に
出版環境はおおわれている。
これを断つには、既成・従来型の破壊しかあるまい。挑戦の模索が始まった。

スポンサーサイト

版元無視![1]

たまたま、ある大手チェーンの書店に寄った。
販売後1カ月の雑誌を見たら、平台にも棚にも一冊として無い。完売?まさか!
今まで良くても60%だから、奇異におもって店員に尋ねた。
完売どころか売場の奥にある在庫置場にしまってあった。

理由は表紙にある見出しの一語「入園準備」が終わったからと言う。
4、5月が企画のメインなので抗議した。
よもや見分に来るとはおもわなかったであろうその店員は、
「またおきます」と言いながら持ってきた。

どうやら2週間ほどでひきあげたようだ。本部とそんな期間では取引していない。
もちろん店からは何の相談も連絡もなかった。これでは版元はたまらない!
もちろんこんな店はわずかだが、これに近い不愉快な事例はいくらでもある

無料紙誌も出版か?

崩壊現象をもっとも象徴するのは、無料紙誌の沸騰であろう。いまや首都の出版東京村をも席巻する勢いである。無料紙誌は俗にフリーぺーパー(以下FP)と言われ、各戸配布や自由に持っていける場所に置く方法で出回っている。あらかたは中綴か二つ折だが、一部には冊子もあって出版物に劣らぬ出来映えのものも見られる。
内容も昨今はコンテンツや制作が進化してきたようで、出版顔負けのFPさえあるという。これには出版系の進出や人材の流出も寄与しているだろう。
20年前には散見されるほどであったが、気がつけば巷はFPの洪水である。
私は20年ぐらい前に中日新聞系のFPに関係し、約10年前から2、3年ほど有料と無料を併用した雑誌を出版した。いっとき無料紙も出した。たしか当時はFPという言葉は無かったように記憶するが、出版発の意識が強かったため、FPの追求はむろん市場の流れを考えるところにはいかなかった。それが今では、遅きに失した観もあるがFPに力を入れはじめた。併用あるいはミックスよりもさらに一歩踏み出した展開を考えるところへきている。
このFPを出版と言って憚らない人もいる。その人の出自がFPであるにせよ、これがすんなり通る世情になった。
FPは、主が広告で、従の記事が充実してきているといっても、複数の企業PRの代理媒体がその本質であろう。それを自費出版に倣えば、正確には無料企業PR情報紙誌と呼ぶべきだ。がそうは言わず、FPなのである。さらに出版とも言われだした。
お金の点では、出版の雑誌の収入は広告と販売、FPは広告のみ。発行責任は両方ともその収入先に対してとなる。責任の大きな違いは読者にあると言っていい。それは出版の企画と自費の本来的な違いに近い。
とまれ、FPに倣えば、自費は自由な出版と言うべきだろう。従来型は超え、破るしかない。革命!

出版の崩壊現象[2]

カテゴリーから言えば、企画ないしは商業と別の
お金を基準にした分類が定着したぶんだけ、まちがいなく出版の地位は
崩れたと見ていい。一般にはそうは見えないかもしれない。
それを覆い隠すヴェールがある。

新刊ラッシュだ。

市場のニーズから生まれた現象ではない。
あくまで東京出版村の裏事情による。

売れないため出し続けないと生き残れない。
これを取次と大型書店がスクラムを組んでバックアップする。
取次は金融機能まで発揮して支え、書店は優先的に棚を提供して協力する。
政官業の癒着にも似た東京村の構造を背景に新刊バブルは続く。

地方の小出版など入りこむ隙間もない。
本のライフサイクルの超短命化、企画の枯渇、作家不足、
食えない作家・ライターの蔓延、安直なビジュアル化、
クリエイターの質低下、下請けたたき、地域書店の壊滅……、
あまりの惨状である。

出版の崩壊現象 [1]

企画出版は言い換えれば商業出版である。
一般にはこの冠をとっぱらった形態が出版とよばれているのである。
ついでだが、企業がPRのために出版する場合には企業出版と言う。
販売しないものもあるので、これも自費と同様に曖昧だ。

企画を立て原稿料を払い、販売のリスクも背負って販売し良否を世に問うのが本来の出版であろう。
ところが、原稿料は献本でお茶をにごすやり方も見られる。
それどころか、自費を企画として出すところさえある。
しかも、全国の書店に並ぶとうたう中央の自費出版が、
その誇大と虚偽がばれてもなお健在だ。

健在というより拡大といったほうが適切だろう。
市場の一角を占めるほど活況で、団塊のリタイア後はさらにニーズが増えると期待されている。
これをどう見るか。発展か崩壊かという視点にたてば、
明らかに従来型の出版は、すでにふれたカテゴリーの混乱に見られるように、崩壊寸前である。

Template Designed by DW99

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。